ライフステージを上げる方法 20150801

おはようございます☆ご機嫌いかがですか?

早いもので、『CBL通信』を再開させていただいてから、今回で4回目のお便りになります。これまで解除せずにお読みいただきまして、とても嬉しく存じます。おかげさまで、パソコンの前に座る時間も楽しくなってまいりました。

イギリスは今、国全体で短い夏を満喫しています。夏至を過ぎ、たった10日間の夏日が終わると、景観はすぐに秋の様相を呈してくるのですね。そうしますと、夏休みと言っても過ごしやすい季節になっておりまして、夏日が恋しいイギリス人たちは、灼熱の太陽を追いかけて南フランスへホリデイを過ごしに行くのです。

あなたはどこで夏のバカンスを過ごしてみたいですか

わたしはどこへ行こうかな?

実は、人生を海外旅行のような感じで生きてきましたから(自慢では無いですよ。人生を途方に暮れながら彷徨って流れ着いただけのことですので)、わざわざホリデイへ行きたいとは思わない、という気持ちが本音です笑。

旅行って、逆に疲れちゃうでしょ?留守宅の戸締りも気になりますしね(←ネガティブ思考ですね汗)

でもね、そういう価値観を持っている自分に最近気付いて、本当にびっくりしたのです。「えー!それって、大きなものを失ってないかい?!」って。それでね、疲れない旅行もあるのではないか?留守宅の戸締りが気にならない方法があるのではないだろうか?などと、考え始めてみました。

いやいや、そうしたら、アイデアが出てくる出てくる。ホントに、決めつけはイカンですね。自由な人生の敵だー!!!笑

さらにですよ、アイデアが出てきたら、また次の発見がありました。なんと、そのアイデアを実現するためには、どーしたらいいのさ、ってなことを考え始めているではないですか。ホントにビックリしました♪

あなたは、このような経験はありますか?よろしければ、わたしにも教えてくださいね。

 

PR

 

 

 

ですのでね、既成概念を横に置いて、自由を前提にしてね、それでプランを考えてみると良いかもしれませんよ。予算とか、考えないで、プランを完結してしまうんです。

例えば、来月に東京へ行くとしましょう。そんなとき、お金が十分あるという前提で、日程を組むのです。ばかげた話に聞こえるかもですが、(キャンセル無料のサイトから)実際に予約を入れてみるのも実感がわきますよ☆(←こう書くとお叱りがあるかもね。)

ファーストクラスの車両に乗って、一流のホテルに宿泊する。尊敬する知人に会い、一流のレストランにお誘いして、そこでは、お世話になっていることのお礼を一流の言葉を奏でながら述べる。一流のメンタリティが一流の衣服を身にまとい、あなたの魂がその器に収まっている。。。(ちょっとスピだね~)

ああ、なんて気持ちが良いことでしょうか。

こうして、一度その線を「なぞって」しまうとですね、考え始めるんです。「次はいついこうかな?」ということを。

ということはですよ、あなたがライフステージを上げられない理由は、一度も「それをなぞっていない」から、と言うことが出来るかもしれませんね?

結局のところ、それをやる、やらない、という決定は最後にすれば良いわけで。いつできるかは、別のおはなしで、いいんじゃないかな?

それをやりたいなら、まず目を閉じて「なぞって」みる。そうすると、ライフステージが上がり始めますよ。ホントに☆

いつでも、どんなときでも、「お金も時間も能力も十分あるんだ、一緒に楽しむ仲間もいるんだ」という前提を置いてみましょう。

ご子息の進路を考える時も、居住空間を考える時も、食事の献立を考える時も、ホリデイの行先を考える時も、いつでも、どんな時でも、「お金も時間も能力も十分あるんだ、一緒に楽しむ仲間もいるんだ」という前提でね、「なぞって」みてね♪

だって、ほれ、いつもの決まった毎日のことは、特に考えなくても無意識で出来てしまうし、ちょい上を狙っても、どうせ1秒で現実に引き戻されて「諦めて」しまうわけですから、ちょい上なんていう「せこい」ことは考えず、どうせなら「かなり上」を狙って「大胆に真剣に」ライフステージが上がっている自分を想像してみましょう☆

さあ、そろそろ本気でライフステージを上げましょう。与えられた海路から大きく舵を切って、自分自身で進む道を決めるのです。人生は短いですよ♪

というわけで、ホントにホントにご感想をお待ちしています☆
あなたの声を聞かせてくださいね!

イギリスの書斎より
いしいとものり


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です