眠りは若さの修復作業 20150808

おはようございます。今朝の日本はどんな朝ですか?

そして、お目覚めはいかがでしたか?

わたしは、MRIに入って以来、といいますか、例の体験をして以来、とっても眠ることが楽しみになりました。

肉体と精神が、眠ることに専念しているという感じです。

眠りとは、身体を修復する作業ですから、眠りに専念することは若さを保つという意味でも、とっても大事なお仕事なんですよ☆

以前は(今ではプロジェクトの数を絞りました☆☆☆)、眠っている間にも、脳がフル活動しているような状態だったと思います。

それで当然だと思って、これまでの人生を生きてきたのですね。それでは、思考ばかりが膨らんでいきますので、そして、寝ている状態ですから当たり前のことですけれども、寝ている間に思考が膨らんでも行動が伴いませんよね?

そうしているうちに、いつの間にか『行動力が足りない』という自分への評価が出来上がってしまったのだと思います。眠っているうちに笑。バカですね♪

でも、今では、眠ること=人間の根幹となる営み、と思うようになりましたので、眠りに落ちる前には、儀式のように意識して「思考のスイッチ」をオフにしてから眠りに入るようにしています。

そして、朝には朝の儀式をします。

 

PR

 

 

翌朝、目覚めた時、「一晩もの間、眠りという作業をしてくれてありがとう」という言葉を肉体と精神へ投げかけるのです。それから、ベッドから出るようにしています。

睡眠は、細胞を修復する大切な時間です。心配ごとや不安や怒りなど、いろいろとある人生ですけれども、睡眠のときは、心配も不安も怒りもすべてシャットダウンして、しっかりと細胞修復の営みをしてもらいましょうね。

そうそう、暑いでしょうから、体がだるいこともあると思います。今、からだが怠いですか?

そんな時にも解消法があるのですよ。

朝、目が醒めて、顔を洗い、歯を磨き、身支度をして、食事の支度をして、家を出たり、家族を送り出したりしたときに、からだが怠いとしますね。

そんな時にひとこと。

「もう夜は終わったよ。わたしの人生の邪魔をしないでね。」

と、肉体と精神へ言い聞かせてみてください。

きっとシャキッとしますよ笑。やってみてくださいね。

そして、やってみた効果をコメント欄から教えてください☆

さあ、今日も一日はりきっていきましょう♪

イギリスの書斎より
いしいとものり

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です