他人の成功を称賛できる人間でありたい 20151003

 

 

 

おはようございます☆

いしいとものり@イギリスです。

雨の影響は大丈夫でしたか?

 

 

この週末は

やや安定するようですから

 

 

休息の方も

お仕事の方も

どうぞ楽しんでくださいね。

 

 

わたしはと言えば

アメブロ寄稿を再開させて頂いて

毎日執筆の時間を楽しく過ごしていまして

 

 

お届けする内容について

こういうものにしていこう!

というアイデアを考えているところです。

 

 

ですから、この秋は

アイデアに沿ったインプットも

より充実させたいと思って

ニマニマして企んでいます。

 

 

でも、今週末は筆を置き、

ゴーカートレースのチームに同行し、

シーズン終盤戦へと臨みます。

 

 

緊張の連続な二日間ですが

持ち場をしっかりこなして

イメージ通りの結果を

手繰り寄せたいと思います!

 

 

せっかくですので

イメージ通りの結果について

もう少し触れてみたいと思います。

 

 

結果が欲しい時、

欲しい結果を得ている自分を

イメージすると良い、と聞くことがありますね?

 

 

イメージすると得ることが出来るよ

という意味だと思うのですが

 

 

言い換えれば

イメージできること、とは

自分を信じること、だと解釈しています。

 

 

逆に

イメージできない場合は

自分を信じていない時。

 

 

例えば、

出来ない理由をたくさん

並べ始める時ですね。

 

 

もしくは

精一杯やることをやったのに

結果を受け入れるメンタルが弱い時。

 

 

結果を受け入れるメンタルが弱いとは

結果の足りない部分にフォーカスが

行ってしまうメンタルのこと。

 

 

出来ない理由を並べる時は

そもそも何も始めないから

結果を得る前に諦めている状態。

 

 

精一杯やったのに

結果の足りない部分を悔やむときは

他人のせいにしている状態。

 

 

ふたつのケースの共通点を

みつけることはできますか?

 

 

わたしの経験だけを

ベースにした私見ですけれども

次のように考えるとどうでしょうか?

 

 

ふたつのケースの共通点は

自分の取り扱い方法に

改善点があるという部分。

 

 

自分の取り扱い方法とは

脳内で起こる思考癖のことで、

その癖に改善点があるよという意味です。

 

 

ひとつ目の例では

例えば

 

 

歌手になりたい

でも報道陣に追いかけられると困る

というパターン。

 

 

おいおい

歌手にはなれるのかい?

と突っ込みたくなります。

 

 

わたしは

この手の思考癖を

誇大妄想癖とか

本末転倒癖とお呼びしています。

 

 

まず自分で録画して

YouTubeへアップしてみたらどう?

そういう小さい粒の行動しようよ。

 

 

それなら

報道陣に自宅まで来られたら

どうしようという心配は起きないでそ?

 

 

二つ目の例は

例えば

コンクールに出て

2位に入賞した時に

 

 

1位の相手を称賛するよりも先に

1位を逃した原因探しを始めるタイプ。

 

 

わたしは

この手の癖を僭越癖(せんえつぐせ)

または卑下慢癖(ひげまんぐせ)と呼びます。

 

 

原因探しは大切ですよ。

でもね、それは後でも出来ます。

 

 

1位になった人の準備量が

2位の人よりも上回ったから

それが結果となった事実を

まず、受け入れてほしい。

 

 

つまり、

自分も精一杯やった

相手も精一杯やった

そこに差は無いんですから

 

 

自分を称え

相手を称えて欲しいと思います。

 

 

いしいとものりの人生経験が

ベースになっている私見ですから

異論も質問もあることでしょう。

 

 

でもね、

わたしの観点は

 

 

思考癖には改善点があるよ、

思考癖は改善できるよ、

誰のせいでもないよ、

自分で治せるよ

 

 

思考癖を直すだけで

人生が変わるよ

日々が変わるよ

 

 

お金の巡りも良くなるよ

真の友も出来るよ

自由で楽になるよ

 

 

という軸なので

違う軸で語れば

異論もあることでしょう。

 

 

ということで

今日は思考癖を治す方法について

ふたつの例を用いて

持論を展開させていただきました。

 

 

 

本日も最後までお読みいただきまして、誠に、ありがとうございました。

では、週末は思考癖に注目してみましょう♪

 

 

イギリスの書斎より

いしいとものり

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です